水まわりのリフォームはまず初めに行われるところではないでしょうか?

将来のためのリフォームはこうだ

浴室を新しく

築30年以上の戸建てなどの家では、まず水まわりのリフォームが必要になってくると思います。
水まわりでまずあげられるのが浴室、キッチン、トイレだと思います。
30年よりもっと経過した浴室ではバランス釜といって使用したことがない器具がついたお風呂だったりしますね。
まずは、浴室全体をきれいにリフォームすることから初めて、浴槽を古いものから新しいものに買い変えてシャワーなども全部そっくりそのまま綺麗にする大々的な浴室のリフォームから、壁などの傷んだところを補修して、浴槽を古いものから新しいものに変えただけのリフォームまでいろいろあります。
私の実家では、浴室全体のリフォームではなく浴槽などの一部を変えたりしただけのリフォームでしたが、旦那の実家の方では同じく築35年以上経過している戸建てですが、浴室全体をフルリフォームしました。
浴槽も広いものに変えてゆっくりと入りやすくしたようです。
浴室全体をリフォームしたのでシャワーなども新しいものに変えたようです。
これらのリフォームもリフォーム会社に頼むと費用によってどこまでリフォームするかの目安がわかるものです。
リフォームと言っても、ほぼ立て替えたかのようにガラリと綺麗に変わるので、最新の機器に変更すると、光熱費などの節約にもなるようです。
壊れたりでもしないとわざわざリフォームをするかという気にならないものです。
風呂釜も30年も使うと傷んでくるので、取り替えは必要のようです。
綺麗な浴槽に使っていると気持ちのいいものであります。
お金はかかりますが、リフォームをしてさらに30年使用できるように新しくすることも大切であります。
旦那の実家にはさらに高齢の祖母がおりますので、高齢の人でも使用しやすいように手すりがついた浴槽になっておりました。
一人での入浴ができるので、なるべく一人で入浴できる時期を長くもって欲しいと思って手すりなどをつけたようです。
一人でゆっくり気持ちよく入浴したいですよね。
誰かの介助を必要としながらの入浴よりもきっとゆっくり入れると思います。
90歳も過ぎてシャキシャキと元気ですが、こういったリフォームはしておくと自分たちもそのうち年をとるので必要になってくると思います。
浴室リフォームのついでにバリアフリーの浴槽に変えましたが、自治体の方でバリアフリー仕様のものに変更すれば費用の補助が出るそうです。
そういった制度も利用しながら新しく高齢の方も使用しやすいものに変更したとのことでした。

Copyright (C)2014将来のためのリフォームはこうだ.All rights reserved.